オフィスを紹介します

NHN Japanは今年の10月から、渋谷ヒカリエと東新宿イーストサイドスクエアの2拠点となりました。今回は抜粋版として社内の様子を紹介していきたいと思います。

まずは東新宿オフィスから。
イーストサイドスクエアは特徴的な外見で、かなり大きな建物です。



受付はこのようにモダンな雰囲気になっています。



来客用の会議室です。



会議室にはギリシャ語アルファベットがふられています。



すりガラスの壁には0と1が並んでいます。



休憩スペースです。お昼にはここでランチをするスタッフも多くいます。





本棚やマッサージチェアなどもあり、リラックスして働ける環境作りをしています。



執務エリアは広々としています。



データセンター・ホスティングサービスを提供している株式会社データホテルが
イベントで配布した団扇です。サーバの鯖、クラウドの雲、と書かれています。






続いて、渋谷ヒカリエの本社オフィスです。
受付は27階で眺めがよいと評判です。こちらは原宿・新宿方面。



受付エリアの大型ディスプレイにはNHN Japanの最新情報が次々と表示されるようになっています。



人よりも大きなブラウンとコニーがお出迎え。



ウェイティングスペースは「ライブラリー」と呼ばれており、将来的に大型の本棚を設置する予定です。



よく見ると、本の形で「NHN」と表現されています。
他にも色々なサービス名が隠れていますのでお越しの際は探してみてくださいね。



LINEのキャラクター型クッションが置いてあったりします。



50名程度を収容可能なセミナールームでは、社内利用のみならず社外の方を招待しての勉強会などが開催されています。



社内の会議室は色々なタイプがあり、和室もあります







執務エリアはこのような作りになっています。



LINEのチームなども。



別のエリアに特設されたサウンドルームでは、ゲームの音楽などを作ったりしています。



予約制のマッサージルームは、プロのマッサージ師の方が常駐しています。



カフェはゆったりとした作りで、昼にはお弁当の販売が行われます。



足元には昔ながらの遊びが書かれています。



レゴブロックの机は見るたびに変化があり、スタッフ同士の攻防があるようです。



カフェではドリンクやお菓子・軽食が購入可能です。淹れたてのホットコーヒーが100円で購入できたりとスタッフがよく利用しています。





こちらのスペースでは休憩をしたり、リラックスしながら仕事をしたりと様々な使い方をしています。




紹介しきれない部分もありましたが、社内の様子でした。

はたらく机 vol.09 ウェブサービス本部 開発1室 サービス開発1チームのマネージャー

今回も、はたらく机でスタッフを紹介していきたいと思います。
今日はウェブサービス本部 開発1室サービス開発1チームでマネージャーをしている方です。

DSC03582


――入社日を教えてください
2010年の8月です。4月末に面接、5月に内定もらってちょっと期間あいて入社というかんじでした。


――入社のきっかけを教えてください
元々は、入社した年の最初に色々と今後の仕事について考えていて、ソーシャル系・検索系・ゲーム系のどれかにしようかなと思ってたんですね。どこの仕事が楽しいか考えて、検索系にしようと思ったんですけどNAVERは普通の検索じゃなさそうだと思ってNAVERにしようと思い応募しました。他にも、まとめとかpickとか色々やってて面白そうだなというのが決め手です。


――現在担当している仕事内容を教えてください
入社してからの変遷だと、最初に入ってまずやったのはpickの携帯版でした。当時はまだあまりスマホをメインに開発というカンジでもなかったんで携帯版です。それから怒涛のようにプロジェクトを渡り歩きました。入社してすぐの年明け早々からNAVERまとめをやって、スマホのリニューアルに関わって、画像検索のAndroidアプリ作ったり、フォトアルバムやったり、またまとめに戻ったり。今はLINEの公式アカウントなどに関わってます。


――サービス開発1チームってどんなチームですか?
チームのメンバーは13人で、サーバ側とAndroid開発を主にしているエンジニアのみで構成されてます。チームメンバーは仲が良くて、よく飲みに行ったり、ごはんもよく行きますね。ランチはほぼ一緒に行きます。チームメンバーが参加しているLINEのグループがあって、Twitterのつぶやきに近いトーンで頻繁にやり取りしてます。週末、旅行に行ってるメンバーから「○○なう」とか送られてきて困惑したりすることもあったりします(笑)
開発1室には、会社の制度で年に一度ワークショップというのがあって、チームで合宿に行く事が出来るんですけど、基本的には予算内であればどこにいってもいいんですね。で、前回行ったのはスタッフの実家でした(笑)どんだけ仲いいんだよってカンジですが、かかったのはレンタカー代と途中のご飯代くらいで「こういうのアリなんだ!」と思いながらでしたけど楽しかったですね。


――入社当時と比べて、今の NHN Japan はどうですか?
入社してからちょうど2年経ったところなので、雰囲気は変わらないですね。ただ、サービスを新規で立ち上げるフェーズから、サービスを成長させつつ、かつ高トラフィックを運用するフェーズになってきています。経営統合で元ライブドアの皆さんとは同僚ということにはなったんですが、2012年の2月から大崎オフィスに全ての開発チームが全て合流して、一緒に開発出来る体制になったのは大きく変わったなと思います。仕事の進み方も良い方向に変わりました。


――マネジメントで気をつけてること、ありますか?
なるべく皆と積極的に話すようにしています。単純計算で1日一人と話しても、チームは13人いるので13日かかります。それだけだと勿論少ないし、ランチの時に色々聞くようにしてます。ただ、あまり仕事の話ばかりだと嫌でしょうから偏り過ぎないように、というかんじです。LINEのグループを使ってざっくばらんに話したりもしていますね。仕事には直接関係ないですけど、こないだは皆で引越しのアドバイスを色々したりしました。「ここどうかなー」「そこは微妙だねー」とか。社歴が長く、昔からいる人も多いのでチームの雰囲気を知ってる人が多いというのもありますけど、自分としては元々あった雰囲気を続けているだけです。


――他の会社とはずいぶん空気が違ってそうですね。
そうですね。入社してから思ったのは、NHN Japanという会社は、他の会社とはチーム構成が全く違うなということですね。根本的に開発1室に入る人は属性が似ていると思います。コミュニケーションをとることが苦痛じゃない人が多いし、それなりの距離感をとることがうまい人が多いです。
「サービスをちゃんと開発していくこと」が一番最初にあって、最終的にやることも共有できているのでチームワークも取れているのかなと思います。
最近はチームの入れ替えなんかもあって、堅苦しくいうと人事異動なんですけど、そもそもの部分で目的を共有できているのでチーム構成が変わっても不安になったりということは無いです。


――なるほど、今の時点でもかなりよいチームのように思いますが、「こういう人と一緒に働きたい」とかありますか?
開発エンジニアなので開発に関してはかなりフラットで、役割は細かくわけず、一人がやることは多岐に渡ります。なので、広く深く仕事がしたいという人がよいですね。とんがってる人のほうが面白いので向いているかもと思う方は是非一緒に働きましょう!と声をかけたいです。


シンプルに整理されたデスク
DSC03578



――会社の好きなところ、自慢できるところってありますか?
色んな意味で自由度は高いですよね。ルールはあるけれど厳密すぎないし、許容範囲は広いなと思います。カフェもそうですけど、福利厚生とか充実してたり。飲みに行くのは頻繁に行っているんですけど、月一で「チーム会食費」というのが出るので多いに活用してます。


――リフレッシュはどのようにされていますか?休日の過ごし方などもあわせて教えてください
基本的に長期休暇が取りやすいチーム構成なので長期で旅行に行ったりしています。最近だと、イタリアに5泊の旅行へ行きました。私はマネージャーだからというわけでもなくて、チームメンバーも海外旅行はよく行ってるようで、僕より長く休みをとってる人もいます。いいことだと思ってます。
休日は、毎週フットサルをしてます。色々なチームに所属してるので呼ばれたら行くというスタイルです。「個人フットサル」てのがあって、コートを提供している側が「いついつやるよー」と募集をかけると集まる形式なんですけど通称「個サル」っていうんですよ。そこで意気投合してチームを作って、というのも多くて楽しくやってます。


――最近なにか嬉しいことありましたか?
結婚しました。入籍して、式をやって、今度はパーティーがあるのでそれが終わるまでは実感もわかなそうですが、心持ちはかわりました。タイミング的には、会社の引越しもあったり、仕事内容が変わったりと大きく変わっています。


――最近ハマってることとかありますか?
ハマってるというか、引っ越す予定なので、大量にあるCDをデータ化したりしてます。心を無にしてCDを入れ替えてボタンを押してます。


――今後やっていきたい事を教えてください
今は会社のなかでも大きなサービスであるLINEとNAVERまとめを作っていますが、もっともっと使ってもらいたいという気持ちが大きいです。機能が増えていった場合、それぞれ見る範囲が増えていって全部を見切れないという状態になることも近い将来にあるでしょうから、自分をコントロールして人もコントロールできる人というタイプは必要になるだろうなと思ってます。今までは自分ともう一人くらいが全体を知っていればよかったけどそろそろ増やしたいので後進の育成をしたいと考えてます。よくある大企業のツリー構造だけは避けたいです。


――工夫してる、こだわってる仕事道具とかありますか?
工夫してるという面では、どう時間を作るかというのを気にしてやっています。仕事道具は、そうですね。目の前に来たことを瞬間的に判断してやってるので、道具に頼ったりはしてないです。ほんとは道具に頼りたいんですけど、なんかいいのあったら教えてください(笑)



――ありがとうございました



次回も気になるスタッフに話を聞いてみたいと思います。